私が今「夢中」になっていることを書きます。


by kenyag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

羽生善治「決断力」

これは、将棋の話だけではなくて、彼自身の勝負哲学について書かれた本でした。どうやって、次の一手の決断を下すのか、また集中力を増すのか、といった話がとても面白かったです。
 囲碁と将棋でゲームの質は違うのかもしれませんが、勝負に対する考え方とか、共通する面があるのかな、と思って、楽しく読みました。
 「直感の70%は正しい」とか、ITの普及による将棋の考え方の進化(誰でも最新の手が簡単に入手できるようになった)といったところも面白かったですね。
 また、将棋以外の世界からの引用や事例が豊富に乗っているので、読んでいて勉強にもなりました。ずいぶん博学でいらっしゃるんですね。特に、テニスや野球などスポーツ観戦からの引用が面白かったです。
[PR]
by kenyag | 2005-09-23 23:05 | 本・テレビ・映画など