人気ブログランキング |

私が今「夢中」になっていることを書きます。


by kenyag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

終局と形勢判断の話。

囲碁を始めたばかりのころには、いつが終わりなのかがわからなくて、困ったものだった。一応白と黒の陣地の境界線がはっきりして、お互いに納得して、「終わりですね。」となれば、後はダメをつめるだけになるのだと思うのだが、実際には手が残っているところを放置してあったりすることもしばしばだった。また、ダメが詰まると一手入れなければ、大きく取られてしまうようなところを気をつけておかないといけないのに、うっかり忘れてしまうこともあった。(今でも、棋譜を並べて、最後のダメ詰めで間違いがあるのか、作り碁の対局結果と数目違ってしまうことも多い。)

最近、考えることが多いのは、どの時点で投了するのがマナーなのか?ということだ。あまりに大差なのに、最後まで打ち切ってしまうのも相手に申し訳ないし、かといって、まだ可能性があったのに、「もう負けたんだから」みたいな気分で打ってしまい、勝ち筋を見逃してしまったこともあった。
劣勢のときに、若干無理気味でも、勝負手を打って、一気に逆転を図って、それでだめなら投げるが良いのか、反対に手厚く打って、息の長い碁にするのかも難しいところだ。実際には、一つ一つの碁によって違うのかもしれないけれど、どのような姿勢が良いのかは、気になるところだ。(ちなみに、力のある人ほど投げっぷりも、また見事な気がする。形成判断がより正確にできるからであろう。)

自分が勝っていると思う場合と、負けていると思う場合で、作戦が多少変わってくるのだから形勢判断は大事なのだが、これがなかなか難しい。将棋だと、飛車を取ったとか、駒が成ったとかで、大体わかるが、囲碁だと、素人目には、どちらが勝っているのか、途中経過で判断しにくい。形勢判断できる能力も大事だが、実際のところ、これも悩みの種だ。相手と自分の確定している陣地の数を数えて比べながら、どっちが勝っているかをある程度意識して打ち進めるということになると思うのだが、一局の中で何回くらい、どこでそれを行うのかや、そもそも数え方がよくわからない。というのも、整地されていない陣地は、形がぐちゃぐちゃだし、あがっていない取られた石をどう数えるのかも良くわからない。また、黒の陣地を数えている間に、それまで数えていた白の陣地を忘れてしまうこともしばしばだし、数えた結果も往々にして不正確だ。

仮に(インターネット碁のように)正確に途中経過で、地や厚みの価値をある程度計算できたとしても、かえって意識してしまって、心理面に影響してしまうかもしれない。(リードしていたら、負けないように安全路線ばっかり打って逆転されたり、リードされていることを意識しすぎたら、無理な手を打ってしまったり)
現在のレベルでは、まだまだ精度が低く、荒削りなので、1目、2目を争うような碁になることは、ほとんどないので、大体の感じで形勢を判断しているが、徐々にこちらの力もつけたいものだ。
by kenyag | 2005-02-24 20:21 | 囲碁関連