私が今「夢中」になっていることを書きます。


by kenyag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出産に立ち会いました。

もう早いもので、一週間たってしまいましたが、先週の日曜日(18日)に無事に長男が誕生しました。夕方5時ごろに、「おなかが痛いかな?」と言い出して、1時間くらい様子を見て病院に連れて行き、陣痛室で2時間ほど頑張ってから分娩室に入りました。長女と一緒に病院に言ったので、分娩室での立会いはできませんでしたが(子供にはショッキングなので、分娩室まで一緒には入れないようです)、陣痛室では、背中をさすってあげたり、マッサージしてあげることができました。これが結構力が要るもので、内側から子供が出て来ようとする力が私にも伝わってきました。陣痛の痛みも相当つらいのがよくわかりました。常軌を逸した痛がりようで、痛みのピークのときには、かわいそうで、子供ともども思わず涙がこみ上げてきてしまいました。
 分娩室に入ってからは1時間ほどで、元気な泣き声が聞こえてきました。2870gの男の子でした。生まれたての姿を見ましたが、もう目をぎょろぎょろさせて、手を動かしていたのが印象的でした。陣痛室で痛かったときよりも、子供を生み出すときのほうが比較的楽だったとのことでした。(カーテン越しに聞いていた限りでは、どちらも辛そうだったのですが)
 お産全体としては病院に着いたときは軽い陣痛の状態で、そこから3時間半ほどで生まれているので、スムーズだったようです。
 普段は、単身赴任で離れていることから、出産の時にはどうなることかと心配していたのですが、たまたま帰郷している週末に生まれてくれたのがラッキーでした。実際、もし名古屋にいるときに今から病院だから、と言われても間に合ったかどうか・・・
少なくとも一番きつかったときには間に合わなかったはずです。長女のときには里帰り出産だったこともあり、立ち会うことができなかったのですが、今回は、よかったです。出産の時には、何はともあれ立ち会うのがよいな、と思いました。「母は強し」ということを実感しました。
[PR]
by kenyag | 2006-06-26 09:24 | その他

100年目の快挙

京都大学ボート部へようこそ
 6月8日から11日まで行われていた全日本漕艇選手権で、京大ボート部が初めて、「全日本」と名のつく大会種目で優勝しました。男子舵つきペアという種目だったのですが、二位に大差をつけての優勝、本当に見事でした。
 創部が1906年でちょうど今年100周年で、私が在籍していたときを含め、これまで全日本大学選手権や軽量級選手権では2位というのは何度かありましたが、あらゆる種目を含めて全日本の金メダルは初めての快挙。体格、技量も勝る社会人も出る大会での優勝はすごいことでした。
 妻の妊娠もあり、NHKの放送を録画して後で、観戦してましたが、戸田のコースで生で見ていた、コーチ、選手、マネージャ、OBはとても盛り上がっていたようです。ゴール地点のあたりでは、涙ぐんでいる人も、絶叫している人もいました。
 100年間の皆さんの思いが結実した金メダルでした。本当におめでとうございます。
[PR]
by kenyag | 2006-06-11 09:38 | スポーツ関連

冷やしワラビもちの行商

最近、午前中の打ち合わせで出張が多く、お昼ごろに伏見に戻ってくることがあるのですが、外を歩いていると、「わらび~もち~」という声が車から聞こえてきます。メロディは、「石焼イモ~」と同じです。
 「暑い季節に冷たいワラビもちはいかがでしょう?」と言っているのですが、確かに暑いとはいえ、伏見のようなビジネス街で、売れてるのかな・・・??
 しかも、ワラビもちって言うのがいかにも微妙な感じで。OLとかには人気なのかなぁ。
「さおだけやさん」の本が出てましたが、似たような感じの印象です。一度話の種に買ってみようかと思います。
[PR]
by kenyag | 2006-06-05 09:06 | 大名古屋ネタ
妊娠も9ヶ月目に入り、赤ちゃんが生まれてしまったら、しばらく自由に外出しにくいかと言うことで、長女を連れて、みなとみらいの遊園地に行ってきました。ジェットコースターに乗れる身長になったので、ぜひとも乗ってみたいということで、前から連れて行ってほしいと言われていたのです。しかし、私は大の苦手。安全バーを下げられてスタートするときには私のほうがびくびくしてたかも知れません。実際、一番きついところだと、相当の急降下があって、気持ち悪かったです。ギャーと言いながら、横を見てみたら、長女も楽しみながらも辛そうにしてました。
 なのに、立て続けに別のジェットコースターにも乗って、ふらふらになって帰りました。でも、楽しんでもらえたようで、よかったかな、と思います。赤ちゃんが生まれると、それまで注目を一身に集めてきた長女がお姉さんになって、面倒を見てあげなければならない立場になるので、その前に、できるだけ楽しい思い出を、と思っていたので、よい一日になりました。
c0037005_9301314.jpg

[PR]
by kenyag | 2006-06-02 09:24 | その他