私が今「夢中」になっていることを書きます。


by kenyag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
このところ、夜遅くまでの仕事が多く、今日も9時ごろまで仕事を終えてから、有楽町経由で麹町の囲碁サロンに行ってきました。本当は水曜日に行きたいのですが、翌日が休みの金曜日のほうが行きやすくなってきました。今日は2局打つことができました。一局目はビールが入っていたこともあってか、無理なところを打ってしまいましたが、たまたま一隅でそれが手になって、勝たせていただきました。でも、相手の方がどんどん強くなっているのを実感する一局でした。
 もう一局は、最近なかなか対局できなかった方との対局。終電の関係もあり、早碁で打ちました。終盤まで大差で負けていたのですが、たまたまハネ継ぎで継いだその手が自分のダメを詰めてしまって、大石を取り、逆転で勝たせていただきました。勝負には勝ったけれど、碁では負けていた、と言う感じでしょうか。
 でも勝敗はともかく、今は盤の前で親しい人たちと語らいながら碁を楽しめるこのひと時がとても貴重に思っています。こんな時間でも打てる場所があること、また一緒に楽しめる仲間がいることの喜びをかみ締めつつ、電車で帰りました。
[PR]
# by kenyag | 2007-03-03 11:38 | 囲碁関連

陰徳有れば天禄あり

昨日のテレビ中継で、ようやく女流棋聖戦の結果がわかりました。(というか、風の便りに聞いてはいたんですが。)梅沢さん、本当におめでとうございます。私の書斎の後ろにどかっと色紙に書いていただいた「大夢実現」、見事に実現しましたね。囲碁ファンの端くれとして、本当にうれしい気持ちです。昨日の放映で見ることができた厳しい中にも落ち着いた、また思考に集中されている姿、また石を慎重に、あるいはこわごわと打たれている様子はとても緊張感に満ちたもので、感動しました。優勢が確立してからもしっかり最後まで勝ちきって本当によかったです。
 一方、万波さんのファンでもあるので、二人の対戦、どちらかに軍配が上がるのは辛いところでした。でも、また来年、同じ組み合わせになるかもしれないですね。
 ところで、テレビ放映の関係とはいえ、実際の対局からだいぶ時間がたってからようやく結果が公表されるっていうのはとても寂しい気がします。仕方ない面もあるのかもしれませんが、他の棋戦を考えると、スポンサー(?)のわがままのようにも思われます。
[PR]
# by kenyag | 2007-03-02 01:03 | 囲碁関連

祈り ~two as one~

2月14日のバレンタインデーに二胡奏者のチェンミンさんの新しいCDが出ました。Amazonで予約してあったので、早速届いていて、即聞いてみましたが、とてもよいできばえでした。期待していた、風林火山のテーマもとても悲しい感じでいいですし、歳月如夢という曲も気に入りました。
 風林火山のテーマのほうは、一通りを二胡で演奏していて、もとのオリジナルのなんとももの悲しげな雰囲気が二胡によってさらに強調された感じでした。物語のテーマにも沿っているんだと思うんですが、「人はみな哀しき奔馬」みたいな雰囲気がいいですね。そのうち楽譜が出たら自分でも演奏してみたいと思います。
 チェンさんは幅広く活躍されていますが、今から3年以上前、ファンのイベントで本人の目の前で二胡を弾いたことがあります。そのときはまだ習いはじめで「太湖船」という本当に簡単な曲を演奏したんですが、チェンさん、ニコニコしながら、「楽器を抱くようにして演奏するんですよ」、なんてアドバイスしてくださいました。それが人前で初めて二胡を演奏したときでした。
 今度、もしチェンさんの前で演奏できることがあれば(もうありえないと思いますが)、このCDにも収録されている「燕になりたい」を一緒に演奏したいなぁと思います。
[PR]
# by kenyag | 2007-02-18 21:43 | 二胡関連
娘が縄跳びをするというので、やらせてみたところロープが短いので伸ばしてあげたり、自転車に乗せてみたらサドルが低いので、上げてあげたりと子供の成長を感じる今日この頃です。
 長男のほうも、9ヶ月目に入りましたが、つかまり立ちとハイハイができるようになり、もう目が離せません。私を今一番夢中にさせる、長男(直ちゃん)の写真を更新しました。もう歯が生えてきているし、来年の今頃はどうなっているんだろう。
 子供にはまだまだ私の知らない未来があり、とても楽しみです。
[PR]
# by kenyag | 2007-02-18 21:16 | その他
金曜日は、会社のラウンジでお酒を上司と軽く飲んでいたのですが、そこの支配人と少しおしゃべりをしていたところ、声やしゃべり方が、最近忙しくてなかなかいけていない、囲碁サロンの席亭の方(白江さん)にどことなく似ていて、無性に打ちたくなり夜10時近くになってサロンに行きました。
 だいぶお酒を飲んでいたので、果たして考えられるかな、と思っていたのですが、三段の方に4子置いて打ってまともに(無理気味に)戦って、見事にとがめられて負けました。実はこのところ、自分でも打ちすぎ(無理な攻め)が多すぎていると思っていて、一度上手の方にひどくとっちめてもらいたい、と思っていたところだったので、逆にうれしかったです。(思いっきり負かしてほしいというのも変なお願いなんですが、その日はバラバラにしてほしい、そんな気分だったのでした。)
 もう一局は早碁で、同じ級の方と一局。もう感覚だけでパカパカ打ってしまいましたが、勝ちを譲っていただいた感じでした。いつもその方とは、序盤リードしたとしても粘られてしまい、最後は細碁で負けるというパターンなので、これは早碁での練習碁ということで、スカッと家に帰りました。
 仕事もほどほどにして、もっと生活にゆとりがあってたくさん囲碁を楽しめる余裕があるといいんですが・・・
[PR]
# by kenyag | 2007-02-17 21:23 | 囲碁関連

今日は健さんの誕生日

今日2月16日は、高倉健さんの誕生日。今年で76歳とのことですが、まだまだ若い!
これからも健さんらしい姿を映画で、本で、見せてほしいと思います。
次の映画、どのようなものかまだ想像がつきませんが、楽しみにしています。
公開されたらすぐに見に行こうと考えている数少ない映画俳優の一人です。
人生そのものが男っぽくていいなぁ。
[PR]
# by kenyag | 2007-02-16 21:51 | 本・テレビ・映画など
先日夜中に帰宅してテレビを見ていたら、韓国語の番組(チョナンカン)がやっていて、インタビューをしていました。そのなかで韓国語でいい言葉として、紹介されていたのが、「シナブロ」。あせらず、自然に、ゆっくりと、徐々にと言う意味の副詞だそうです。
 このごろ何かと忙しい上に、時間をかけずに早く早く、ということが仕事でもプライベートでも多いので、いい言葉だなぁと私も思いました。
 早く初段になりたい気持ちは強いし、二胡も早くもっと上手になりたいのですが、「シナブロ」の心境で、臨みたいと思います。
[PR]
# by kenyag | 2007-02-12 11:14 | 囲碁関連
イベントでお酒に酔った勢いもありサインをおねだりして、「大夢実現」と色紙と碁盤に書いていただいた有名な先生(梅沢さん)がいます。その先生が今回本当に大きな夢(女流棋聖のタイトル奪取)を実現するところに手をかけたようです。まだTV放送がされていない関係で、一般には知らされていないのですが、私としては、千載一遇のチャンスをぜひものにしてほしいと願うばかりです。これは、多くの囲碁ファンが本当に望んでいることだと思います。もしその夢がかなったのなら、本当にうれしいし、もしダメだったのなら私も本当に悲しい。

 でも、対戦相手もこれまたすばらしい方(万波さん)で、とても明るくて、丁寧にファンと接してくださる方。これまたサインしていただいたときに一画一画とても丁寧に書いていただいて、とても感動したことを今でも新鮮に思い出します。人柄を見た感じでも、「この方はどんどん伸びていく方だ」と感じさせる方がいますが、まさにそんな印象で、その後の活躍もそれを裏付けるものだと思っています。
 そんなお二人の対戦なので、とてもアンビバレントな心境ですが、どちらもベストを尽くして悔いのない対局を祈るばかりです。
[PR]
# by kenyag | 2007-02-12 11:03 | 囲碁関連